Kenta Kura Official Blog ~Life@The Royal Ballet~

kentakura.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 29日

札幌芸術の森セミナー 2012

今年の夏、7月31日から8月9日に開かれる
「北海道札幌芸術の森バレエセミナー2012」のゲスト講師として参加します。


参加希望の締め切りは過ぎたのですが、
まだ定員に若干の余裕があるらしいので、
時間のある方は是非参加して下さい。



「芸術の森バレエセミナー2012案内サイト」


↑タイトルをダブルクリックでどうぞ



このセミナーは実は今年で25周年記念。


ローザンヌ国際バレエコンクールにてゲストティーチャーにも多々招かれ、
ロイヤルバレエスクールはじめ、海外の数々のバレエスクールにて指導経験もあり、
現神戸女学院大学、客員教授にて活躍されている「ヤン・ヌイッツ」氏が
メインティーチャーとして来ています。


自分も小学5年生から中学3年生になるまで毎夏通いヤン先生に指導を受けました。


偶然にも高校1年(16歳)の冬に参加したローザンヌ国際コンクールでは
彼がバレエクラスのゲストティーチャーであり、そこでも沢山の事を教えを受け、
スカラーシップ賞を頂きロイヤルバレエスクールに留学する事が出来ました。


今でこそ「知る人ぞ知る」っでセミナーの存在は多くの方に知られてはいますが、
自分が通っていた20年前から、
現Kバレエ団芸術監督の熊川哲也さん(当時はロイヤルバレエ団ダンサー)、
日本を代表するプリマ草刈民代さんをはじめ、
アンソワープバレエの斉藤亜紀さん、
元英国ロイヤルバレエ団ダンサー佐々木陽平さんなど、
ローザンヌ国際バレエコンクールで受賞歴のある日本人や、
国内、海外で活躍するダンサーの皆さんがその昔このセミナーでヤンのレッスンを受けていた事は、
私たちの年代では非常に有名な話として受け継がれています。


実際自分も彼らと出会った初めての場所がこのセミナーでもあり、
いわば海外バレエを知る為の交流の場、登竜門的な存在と言っても良いかもしれません。


解剖学から基づくバレエを体に叩き込んでくれるのがヤン先生のレッスンの良いところ。
彼の全身から溢れ出すエネルギーも半端なものじゃありません。


ヤンに出会うまではきつくて仕方なかったバレエレッスンが、
彼が教えるレッスン法により踊る難しさが楽しさに変わっていったのを今でも思い出します。


海外へ留学しプロになり18年経った今、
このセミナーの講師として招待されるのは本当に自分にとっては名誉な事。


将来ローザンヌ国際バレエスクールを目指すもの達、
プロダンサーを目指す沢山の若者に会いに
この夏札幌へ行くのが今からすごく楽しみです。








ブログランキングに参加中です。
下記↓ボタンのクリックをぽちっと押して下さい。
宜しくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by kenny-ku | 2012-05-29 04:22


<< パゴダの王子      バレエの細道 第25回 人生の転機 >>