Kenta Kura Official Blog ~Life@The Royal Ballet~

kentakura.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 12日

モスクワ・岩田守弘ガラ・コンサート

モスクワに行ってきた。

今回のガラコンサートのタイトルは「岩田守弘with日本人バレエスター達」。
久しぶりに守弘さんと会えると思い、モスクワに行くまでずっと興奮していた。


ただ舞台までたどり着くまでのプロセスが大変だった。

大使館でのビザ申請がうまく行かなかったり、
申請のために病院にてメディカルチェックを受けなければならなかったり、
舞台が近づくにつれ次から次へと用意しなければならないものが出てきて
全ての用意が整ったのはモスクワへ行く前日。
何もかもがギリギリの状態だった。

ロイヤルバレエの仕事が最優先だったため、
ガラ用の練習もバレエ団のリハーサルが終わった後に行わなければならず、
毎日遅くまでくたくたになりながら練習していた。

モスクワに着いても、プロデューサーとの連絡がうまくいかず、
到着した日などは食料が無い状態だったり、
リハーサルが突如キャンセルになったりとコンディション作りに苦しんだが、
パートナーのユフィちゃんの助けもあり無事舞台を終える事が出来た。

舞台までは「モニカ・メイスン」「ジョナサン・コープ」、「レスリー・コリア」の3人に
モスクワへ行く当日の昼までリハーサルを見てもらった。
監督初め、コーチの二人にはとても感謝している。
今回のパ・ド・ドゥはこの3人の協力がなければ成功できなかった。

そして一番に感謝すべきはパートナーの「チェ・ユフィ」ちゃん。
シンデレラの主役が控えているのにも関わらず
リハーサルを熱心にしてくれ、舞台上でも本当に助けてくれた。
彼女は踊りも素晴らしいが、やさしく素直で
舞台上でもバレエに対する情熱がとても良く伝わる本当に素晴らしいダンサーだ。
今回一緒に踊れて自分は本当にラッキーだと思った。

d0128059_9263319.jpg

公演後記念撮影。



沢山のダンサーに会い、踊りを見れた事も収穫の一つ。
海外で頑張っている日本人ダンサーの踊りを見る事がすごくいい刺激になった。
d0128059_9312479.jpg

公演後のレセプションにて、ダンサー陣と



そしてやはり岩田守弘さんの踊りは素晴らしかった。
体全身からほとばしるエネルギーとダイナミックな跳躍。
見ていてどきどきした。
やはりバレエの本場ロシアの第一線で活躍してるダンサーは違う。


d0128059_9352231.jpg

公演後に守弘さんと




ファルーフ・ルジマートフさんの踊りもすごかった。
音楽性も豊かだし、何よりも体が美しく、全身から溢れ出るエネルギーに
みんなでため息をもらしていた。

岩田高一先生の演技も見事だった。
78歳とは思えないくらいの熱情が顔、体から表現されていた。
演技を、そしてバレエを愛しているのがとてもよく伝わった。



ロシアにて沢山のエネルギーをもらった後はすぐにイギリスに帰国。
ホテルを夜中3時半に出て、朝6時半の飛行機で帰ってきた。

そしてすぐにバレエ団にもどり、夜は「SYLVIA」の公演に復帰。
d0128059_9415980.jpg

3幕よりプルート役

きつい一週間だったが後少しだ、
明日は「エロス」役。
頑張ろう。
[PR]

by kenny-ku | 2010-11-12 09:50


<< 2連休      「SYLVIA」 EROS役 >>